持続的摂取 – 低用量のクレアチン

クレアチンは継続的に使用することをおすすめします。一日の推奨服用量は3〜5グラムです。運動やトレーニングをする日だけでなく、...

クレアチン製品の購入を決める際は、製法と純度に関する情報が重要な役割を果たします。
クレアチン・モノハイドレートを製造する方法はいくつかあり、いずれも化学合成によるものです。...

クレアチンは天然成分

クレアチンは体内で自然に発生します。クレアチンの一部は体から生成され、一部は摂取した食品から吸収されます。クレアチン・...

クレアチンと補給

クレアチンの補給は体と身体能力に良い効果があることが証明されています。でも、筋成長を助けるにはいつクレアチンを摂取するのがベストでしょう?
...

クレアチンサプリメントを摂取する理由

クレアチンは体自身が生成する天然物質です。 体は食品に含まれるグリシン、アルギニン、メチオニンというアミノ酸を吸収し、...

クレアチンカプセルの効果

クレアチン・モノハイドレートは、最も研究されているクレアチンの形態で、最も一般的に使用されています。 クレアチン・モノハイドレートは、パウダー、...

クレアチン・モノハイドレート

クレアチン・モノハイドレート・パウダーは、適正に保管していれば、何年間も安定性を維持します。 適正な保管とは、...

筋肉にはエネルギーが必要

体内のクレアチン貯蔵量の約90%は骨格筋にあります。すべての生きている細胞にはエネルギーが必要です。筋細胞は、活発に使われているときに、...

クレアチニン値

クレアチニンは、体内でクレアチンとクレアチンリン酸から作られる代謝産物です。クレアチニンは腎臓から完全に排出されます。生成されるクレアチニンの量(すなわち、...

体内のクレアチン

平均的な成人の体内には、約80〜130グラムのクレアチンが貯蔵されています。 クレアチンとその活性型であるクレアチンリン酸は、...