クレアチンの製法

クレアチン製品の購入を決める際は、製法と純度に関する情報が重要な役割を果たします。
クレアチン・モノハイドレートを製造する方法はいくつかあり、いずれも化学合成によるものです。アルツケムAG社は、原材料にサルコシネートとシアナミドを使用します。この製法は、最善かつ最も安全と考えられています。

Creapure®の純度

クレアピュア®はドイツの製薬および食品業界の厳しい基準および手順に従って製造されています。つまり、全般的に高品質の製造プロセスを保証するGMP(適正製造基準)に準拠していることを意味します。HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Points:危害要因分析重要管理点)の原則が適用されています。これらの原則は、プロセスにおける汚染源や混乱を特定し排除するように設計されています。最終的には、相互汚染や他製品によるコンタミネーションのリスクを取り除くために、クレアピュア®専用設備を建設しました。 アルツケムAG社は、クレアピュア®クレアチン製品に最高の安全性と品質基準を確保しています。クレアピュア®の各ロットは、個別に純度をテストした上で、製造施設から出荷されます。

ドイツの自社生産工場で製造

クレアピュア®は、相互汚染や他製品によるコンタミネーションのリスクを取り除くため、特別に設計されたドイツの生産施設で生産されています。すべてのクレアチンサプリメントが、クレアピュア®と同じ厳しい製造基準下で生産されているわけではありません。高品質の印であるクレアピュア®のロゴ(Creapure®)をお探しください。食品、栄養サプリ、スポーツ栄養製品の有名メーカーは、アルツケムAG社のクレアピュア®を始めとする高品質材料を使用して製造した栄養補助食品を店舗やオンラインで販売しています。