クレアピュア® は厳格な品質管理下に置かれています

クレアピュア®の各ロットは、純度をテストした上で、工場から出荷されます。クレアピュア®はケルンリスト(Cologne List®) つまり、ドイツのラインラント・オリンピックトレーニングセンター研究所で、ステロイドや刺激物質による汚染がないか定期的にテストされています。

クレアチンを商業的に製造する方法にはいくつかあります。アルツケム AG社は、サルコシネートとシアナミドから始めるプロセスを採用しています。 この生産方法は、最善で最も安全と考えられています。アルツケム AG社はこの方法をとることで、製造されるクレアチンに、ジシアンジアミド(DCD)およびジヒドロトリアジン(DHT)という、好ましくない2つの副産物が含まれるリスクを最小限に抑えています。 純粋なクレアチンは、DCDが20~30ppm未満、潜在的な有害性のあるDHTが無検出でなければなりません。上述の製造方法がクレアピュア®の場合です。

製造中または保管中にクレアチンが分解して、クレアチニンが生成される場合があります。一部の市販クレアチンのサンプルには、その値が1%を超えるものもあります。無作為に購入した競合他社のクレアチンのサンプルには、1%以上が検出されたものもありました。クレアチニンに危険性はありませんが、パフォーマンスへの恩恵はなく、製造工程の甘さを表しています。

市販のクレアチンの分析には、その他の汚染物質が高レベルに含有されていたと報告するものもあります。 上記に述べたのと同様に、一般の栄養補助食品には、故意に、または間違ってステロイドやレクリエーショナルドラッグのような禁止薬物が混入する場合があります。そのため、ドイツ製の最も純度の高い最高品質のクレアチン・モノハイドレートである証し、クレアピュア®ロゴ(Creapure®)がパッケージ上にあるかどうかに注意を払うことが重要です。